ルアー

メタルマル40gの実力は!?オススメする使い方を丁寧に説明します!!

更新日:

メタルマル

遂に発売したメタルマル40g

ずっと開発中だったメタルマルのヘビーウェイトモデル40gがリリースされました。

開発に携わってる方から個人的にどんなシチュエーションで使いたいか等の問い合わせを受けたこともありましたが、ブリーデンさんもかなり時間を掛けて開発したことがその当時から伝わってきておりました。

今回はそんな渾身作について紹介していきたいと思います。

メタルマルとは?

まずはメタルマル40gを紹介する前にメタルマルとはどんなものか簡単に紹介しましょう!

メタルマル

まずは驚愕の遠投性能。『TR/PEスペシャル』×PE0.4号のセッティングで無風平地100m越えの超遠投を計測。抜群のボディーバランスに食わせのノウハウを凝縮!丸アジやサバなどのライト青物ゲームを強力にサポートし、隣のアイツに大きく差をつける。
またハマチなどの本格青物ゲームにおいても、リング及びフック交換だけで「シラス付き」などの厄介な場面で活躍する。完成まで足掛け三年。開発中にはプロトタイプの練り込みを幾重にも重ねた。リアにはブレード(コロラド)と抱合せでダブルフックを装着すことでスピンテールジグの弱点である乗りの悪さやバラシを大幅に克服。「ブレードバイト」を掛けまくる

BREADENが提案するメタルマルは魚種限定解除
過去実績を紹介すると↓こうなる。
マルアジ、マアジ、シーバス、チヌ、キビレ、ヒラメ(ソゲクラス)マゴチ、サバ、ハマチ、メバルと、このあたりはある意味当然。フィッシュイーターを狂わせる。驚くのはこのあと。
マハゼ、アイナメと来て、クサフグ、ササノハベラ、アイゴ、ウミタナゴと非フィッシュイーターまでもが釣れてしまった。スピンテールジグにあるまじき釣果だ。「ブレードスピン」「スピンテールジグ」いろんな言い方があるが、ジャンルや呼び名なんかどうだっていい。メタルマルはミニマルと同じ唯一無二だ。

引用:ブリーデンHP

神様
簡単に言えば、ブレード付きのジグなんだけどこのルアーを投げてる時の期待感は半端ない!魚種限定解除のネーミングは納得だね
とにかくどんな魚を連れてくるかわからない期待感はあるよね!さらに言うと飛距離が出る。自分は19gを中心にルアーローテに入れてるけど強い向かい風でも飛距離が稼げるから助けられてる。絶対一個はルアーケースに入れるようにしてるね
死神
自分も絶対入れてるね!今までメタルマルで釣ったすごい魚はヒラメの88cm!!
鬼さん

そんなメタルマルはこれまで13g/19g/28gの3種類のラインナップでした。そこに今回40gが追加されたのです。

※詳細については、当ブログの前身に記載させていただいていますので是非ご覧ください!

 

なぜ40gが必要なのか?

大きくは二つポイントがあると私たちは考えています。

40gが必要な二つの理由

  • 適応環境拡大(具体的には水深があるポイント、潮流の速いポイントの攻略)
  • プチオフショアでのジギング・キャスティング用

まず一点目ですが、これまでメタルマルを使用して感じていたウィークポイント(弱点)が今回の40g開発につながっていると思います。

ココがダメだった

・水深がある所や潮流の速いポイントなどの場合、28gでも底までにかなり時間を要したり、底が取れない場合があった
・極度に強い向かい風の場合も飛ばない場合があった
フックが弱く、大物が掛かった時に伸ばされるor折られることがあった

上から二つのデメリットはどうしても重量が28gまでなので仕方がない部分と理解していましたが、ちょっと残念だなと常日頃思っていた所でした。

またフックの弱さについてももう少しだけ改良してほしいなと思っていました(ドラグ調整をしっかりしたら大丈夫なんですがね)。

深場や潮流の速い場所には青物や真鯛等の大物が潜んでいる可能性が高く、どうやってそのポイントを攻略するかと言うことを考えます。

その際にどうしても必要となってくるのがルアーの自重です。

神様
15mを超える深場になるとどうしても28gだと着底するまでに時間がかかるね。そのせいで釣りがタルいと言うか手返しが悪くなる。
まあスローに誘いたい場合もあるから一概には言えないけど潮流が速いところとか全く使えなかった記憶が・・・。10m水深までのシャロー帯なら完璧なんだけど笑
死神
自分は10m水深で28gを使ってよく真鯛を狙うけどよくフックを伸ばされてバラすね泣手前にテトラが入ってるからどうしても強引に引き剝がさなきゃならない。だから最近はフックを強いやつに替えて使ってるな。
鬼さん

 

これらのデメリットを克服するために今回の40g開発があったと思います。

40gのメタルマルがあればある程度の深場や潮流が速かろうが対応可能です。

さらにフックも強化されていることからさらなる大物にも対応可能はないでしょうか

さらにこれって比較的浅場を狙うプチオフショア(ゴムボートなど)でも活躍できるのではと思います。

 

実際に使ってみた感想

発売してから僕ら3人は早速、釣具屋へ40gを購入しに行きました。

神様
結構な数を入荷すると店員に聞いていたけどすごい勢いで売れてたよね。。
取り敢えず釣れそうなゴールド系と真鯛用にグリーンゴールドも購入!
鬼さん
メタルマル40g

購入したメタルマル40g

 

いざ実釣!!

取り敢えず、今一番熱いイワシパターンにドンピシャにハマるルアーなので青物・シーバス・クロダイ狙いに使ってみました。

詳しくは、釣行記録に書きましたのでそこを参照いただきたいのですが、当日は波高でしたがフォローの風でやりやすい状況でした。

オススメ
サゴシ メタルマル40g
【釣行記録】イワシパターンでサゴシが20本釣れた!

こんにちは。釣りの神様です。 新ブログ初の釣行日記を書いていきたいと思います。 神様釣行日記は単純に釣りに行った時の釣果や使用ルアー等について書いていくものだよ。前身のブログでもおなじみです! &nb ...

続きを見る

早速40gをセットしてキャスト。

私はシーバス用に使用しているエクスセンスのMHシリーズ(50gまでOK)を使用してキャストしました。

ティップではなくバットにウェイトを載せるイメージで比較的ゆっくりキャストしましたがポーンと飛んでいくイメージ。

およそ100m程度は出ているでしょうか?

しっかりと着底させてワンピッチジャークで誘いをかけるとフォールでサゴシが食ってきました。

サゴシ メタルマル40g

神様
さすがメタルマルって感じ!この後も入れ食いで釣れたのでルアーチェンジしなかった笑
100m投げると15mくらいドン深になってるサーフだったけどしっかり着底を確認できたし、手返しよく釣りができたね。ただ、飛距離的には28gとそんな差は感じられなかった。
死神
確かに!多分28gが飛びすぎるんじゃないかな?40gは向かい風の時にその威力を発揮できると思う。28gだと向かい風の時には100mコンスタントに飛距離を稼げないはず。40gならそれが可能になる。
鬼さん
神様
ちなみにサゴシしか釣れなかったけど自分は最高60cmの6本を上げてフックは無傷だったよ!!

 

釣り道場のルアー評価

項 目 評   価
①釣れる度
②飛距離
③コスパ
総合評価

これまでのメタルマルとは使用シチュエーションを変えて使用することが求められると思います。

特に40gと言うヘビーウェイトを担げるロッドはかなり限定されると思うので、初心者さんには難しいルアーかもしれません。

ショアジギングロッドで投げるという選択肢もありますが、基本的にはティップが繊細なロッドで感覚的な釣り(魚を掛けに行く)をしてもらいたいと思います。
(どうしてもショアジギロッドのようにヘビーロッド+ヘビーリールだと手元に伝わる情報が少なくなりがち)

基本は28gまでをキャストしてもらい、深場や向かい風のポイントであれば40gを使用するなど奥の手として考えてもらえればと思います。

ただ、やはりメタルマル!!

間違いなく釣れます!!面白いように釣れます!!

その最強ポイントは40gにも引き継がれていたことを証明できたと思います。

私たちももっとこのルアーを使用して色々な情報を皆さんい引き続き発信していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

本日のポイント

・メタルマル40gは水深がある場所(15m~)、向かい風がキツい時、潮流が速すぎる時に使用すべし!!
・繊細なロッド(MH以上のシーバスロッド等)でキャストし、感覚的に魚を掛けに行くべし!!
・メタルマルは40gでもしっかり釣れる!!信じてキャストすべし!!

-ルアー

Copyright© 釣りバカ道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.