コラム他

【NHK】平成ネット史は涙なしに見れない

パソコン

Free-Photos / Pixabay

昨日の夜何気なくハイボールを作ってテレビを点けた。

目に飛び込んできたのは懐かしいアスキーアート。

ホリエモンやヒャダインさんらが出演している。

平成ネット史(NHK)

番組名は「平成ネット史(前編)」

最初は民放の最近よくある平成の振り返り番組ねって思ってたけどNHKだった。

中身はまさに平成で発達したと行っても過言ではないのインターネットの変遷・歴史

ウインドウズ95の発売から始まる本格的なインターネットの世界。

これまで自分の周辺で完結していた世界がインターネットを通じて無限に広がった。

そして2chやニコニコ動画、ブログやMixi/Facebook、ツイッターをはじめとするSNS・・・自らも参加できて世の中に影響を及ぼすことが可能な世界へ・・・。

神様
インターネットはまさに自分の青春というか人生そのもの。このようにブログを書いている今は20年前には想定もされていなかったよね。それだけ平成の30年間でのインターネット普及による恩恵は計り知れない。

2chに教えてもらったインターネットの世界

参加型の先駆けでもある2ch

その2chが出来たのが1999年。今から約20年前。

神様
2chが出来たのがもう20年も前なのか・・。歳月の過ぎ去るスピードは本当に早いな。

様々なジャンルの掲示板が乱立し、その道のプロが集うカオスな空間。

自分はROM専(見るだけの人)だったけどよく覗きに行ったし、2chから色々なことを教えてもらった。

神様
ただ、彼らは自分たちの考えが世論だという雰囲気を持っていたね。決してそうではないんだけどね。自分自身も勘違い(引き込まれない)しないように注意して見てたな。

今後のインターネットの世界は?

スマートフォンやSNSが発達し、人と人・情報が即時に繋がることが当たり前になった現代。

30年前に今のインターネット社会が想定できなかったように向こう30年もどう進化していくかわからない。

ネットを介して繋がることで実際の人と人との実質的な繋がりが希薄になっていくことも想定される。

便利になっていく世の中が歓迎だけどどこか無機質で寂しさを伴うような。。。

そんな思いを持ちながら、今日の夜放送予定の【平成ネット史後編】を見てみようと思う。

 

 

-コラム他

Copyright© 釣りバカ道場 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.